外反母趾のメカニズム

 

外反母趾を引き起こす足や骨の動きのメカニズムについて書いていきます。

 
まずは動画でイメージをつかんでみてください。↓
・自然な歩行時の足と外反母趾のメカニズム①

・自然な歩行時の足と外反母趾のメカニズム②

 

このメカニズムを理解することで足や体全体の姿勢や動きに与える影響に気づかされると思います。


外反母趾のメカニズムは
距骨の過回内(オーバープロネーション)とされています。


距骨については、(足の真骨頂のページ)を読まれた方は、なんとなく重要性が伝わってきたかと思いますが、

“過回内”っていわれても初耳ですよね。


まずはおさらい。

 

右足を後ろから見た図です。

かかと(踵骨)の上に距骨がのっています。

この2つの骨の間を距骨下関節といいます。

 

回内という動きはこんなイメージです。

距骨が “内” へ “回る”というのが回内です。

 

“過”回内というのは、自然な動きである回内に対して、

過剰に内側へ回ってしまう動きになります。


この過回内が外反母趾をはじめ偏平足や足のタコなどの様々な疾患の要因になりうるんです。

では、正常な回内とはいったいどんな時におこる動きなのでしょうか。

 

それは歩行動作

 

かかとが地面に触れて、

足裏で着地し始める時に作用します。

 

そこから親指までにかかる動きを

図解すると…

こんな力が足にかかってきます。

分けて説明しますね。



•踵が着地すると、距骨が回内し、
第一列(第1中足骨、内側楔状骨)が3方向に動きます。

 

第一中足骨と内側楔状骨は靭帯で硬く結合してるため動くというよりも

青い矢印でしめした①番の力が加わります。


後方が下に動こうとし床の反発力で先端が上方に力が加わりながら


下面が内側に動く赤い矢印の②番の外に回転する動きになります。

そして、先端が緑の矢印の③番
第二中足骨から離れる方、内側に動きます。


この動きの際に前脛骨筋肉というすねの筋肉が働き、

地面への衝撃を和らげてくれます。

 

足裏のやわらかいクッション機能が活躍する場面です。

 

だからたくさん歩くと、すねがパンパンになるんですよね。

 

 





•蹴り出しの時に、距骨下関節が回外の動き




立方骨と踵骨がロックする

腓腹筋が踵を持ち上げけりだす

このロックがないとベタペタあるきになる


足の裏面で地面をけるのではなく、


腓腹筋で踵を持ち上げ、ける。




回外位にならないと、

立方骨より、内側楔状骨が低いので、


第一列が低屈方向に機能しなくなり、

外転方向にもっていかれ

その時に母趾の基節骨が地面にしっかり固定されるので、さらに過回内になってしまいます。







重心が前に移動する時に、

距骨は回外方向に動き、


硬い足をつくって、

蹴り出しに必要なエネルギーを

効率よく伝達して

歩いていくんです。

 

これが正常です。

過回内だと、蹴りだしの時に

回外しきらずにかたい足をつくれないんです。

 





なので、

内側アーチがへしゃげてしまって、



クッション性もなく、蹴り出しの力もうまく伝達されず、

親指に負荷がかかり、痛みや変形をひきおこします。



つまりは距骨の過剰回内を取り除かないと、

根本的な解決にはなりません。

 

 

では、いったいなぜ

過回内がおこるんでしょうか。

 

専門家からも指導も受け、長年、足の事を学んでいますが、

僕は、かかとの歪みだと考えています。

 

どんな歪みかというと

 

かかとが内がえしになって、立ったり歩いたりしてしまう事

つまり

内側にねじれてしまうことです。

こうなる事で、かかとが接地する時に

正常より外側体重になっていくんです。

 

靴の踵の外側がすり減っている方は要注意です。

 

重心が外に進むこと自体は正常ですが、

外側にいきすぎることによって

 

踵の上に載っている距骨がバランスをとろうとして

内に倒れすぎてしうまう

過回内になるという流れです。

 

歩行の際に足裏にかかる重心の動きのイラストでみると

こんなイメージです。

※イラスト引用書籍「足についての本当の知識」より

 

過剰回内の左の図では、内側アーチがつぶれて

親指と人差し指の間を重心がぬけるので

この部分にタコやウオノメができやすくなります。

 

踵の中心で接地するのは、理想であってそんな人はまずいません。

かかとが内側に5度倒れている状態が生理的範囲内とされています。

 

それは、僕らが赤ちゃんの頃、胎内こんな姿勢によるものとされています。

 

お母さんのお腹の中でまあるくなっているので、

脛骨の湾曲とかかとの内返し位置にあるんです。

 

出産後、小児のはじめの時期に

この距骨下関節の内返し、脛骨の湾曲はまっすぐにむかいます。

 

これがうまく戻らないと、かかとの内反がつよくのこり

足によくない動きを助長してしまうんです。

 

だから、生まれつきに内反しやすいかかとなので

ケアしてあげるのが大切なんです。

 

 

まとめると

 

かかとの内反

距骨の過回内

外反母趾や足の不調

不良姿勢

 

この流れを断ち切れる、

足によいケアをしていく事が

外反母趾の根本的なケアに

なるんです。

 

 

 

簡単な2つのチェックポイントは

・靴の踵の外側がすり減っている

かかとのねじれがある

 

・片足立でグラグラする

距骨の過回内がある

 

可能性があるので、

かかと、距骨の調整が必要になってきます。

 

・インソール

・足のセルフケア

・足の骨格調整

などがケア方法にあがります。

 

3つとも大事なので

ご相談はお問い合わせください。

 

ただ単に外側に体重がいかないように、

かかとのみを調整する施術は逆に悪化を招くので、そんな説明をされた場合はご注意ください。

 

まずは、歩行リズムや時間経過が、精密に測定できる的確な検査が必要です。

そのための

足底面圧力・歩行分析測定センサーについては詳細はこちらのページお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2018年7月10日 更新日:

Copyright© 【大阪/梅田/南森町】足の専門整体 《治療院すずらん》医師やフットケアセラピストも通う隠れ家整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.